プロペシアとミノキシジルを併用して使うと効率よく育毛できる

2019年12月19日
頭を指している男性

AGAを効果的に治療していきたいと考えているときは、プロペシアとミノキシジルという医薬品を併用していくことが大切であると考えられています。実際に、AGAを専門的に研究している学会からも、ミノキシジルとプロペシアはAGAに最も効果のある医薬品であるということが発表されています。つまり、これら2つをうまく利用していけば単独で利用するよりかは治療がしやすい傾向にあることがわかります。

そもそも、プロペシアとミノキシジルは頭皮に対して与える影響が違いますので、それぞれの効果を理解して使っていかないと効率的にAGAを治療することができないという側面が存在します。プロペシアというのは、確かに毛根に影響を与えて毛髪を濃くしたり、脱毛作用を抑える働きが存在します。

しかし、実は発毛促進を促すための薬ではないという側面があります。プロペシアの主な目的は、男性ホルモンによって生じる脱毛物質を防ぐことにありますので、体内のホルモンバランスやその働き方を変化させることを第一の目的としています。

一方で、ミノキシジルというのは発毛促進を向上させるために血管の拡張作用などが存在するという大きな違いが存在します。血管を拡張させることによって、頭皮に届けることができる栄養分を多くすることができるというメリットが生まれます。実際に、ミノキシジルに関しては男性用の治療薬というわけではなく、女性であっても似たような症状がでた場合にはこの薬を少量で使うことができるようになっています。

さらに、プロペシアは日本国内で正規に購入しようとするのならば、必ずクリニックに行って処方してもらわなくてはいけません。病院が薬を管理していますので、ドラッグストアなどに行ってもプロペシアを購入することができない状況にあります。

反対に、ミノキシジルについては民間の製薬会社が開発して提供していますので、その会社の窓口に行けば購入することができるという違いも存在します。例えば、ホームページや通販サイトなどを利用することで、ミノキシジルが含まれている製品を購入することができる状況にあります。

このように、プロペシアとミノキシジルはAGAに確かに効果はありますが、それぞれが目的としている方向性が全く異なりますので、併用したとしても身体的な副作用が突然大きくなるようなことはほとんどありません。むしろ、発毛や育毛を促すために毛根に対して良い影響を与えますので、これら2つの使い方次第で治療の効率性が変化します。