ブラシで髪を梳かす男性

AGAは医学的な原因を特定できている進行性の脱毛症であるため、対策をしていくことで予防をすることが可能なものです。ただ、原因が明確なものであるため間違った対策をしてしまうと無駄な時間とお金を使ってしまう側面もあります。実際に、普通の市販の育毛剤や発毛剤ではAGAの進行性を止めることとはできません。そういったことにならないようにするためにも、まずはどういった作用で脱毛をするのか、具体的な対策は何なのかを理解することが大切です。

薄毛は遺伝性が考えられる

薄毛患者の原因として最も考えられるものに、遺伝が存在します。この遺伝性は、父方からの影響を特に受けやすく、父方に薄毛の人がいるようなケースでは子どもにもその影響がでてしまう可能性があるため気を付けなくてはいけません。

遺伝の観点から考慮すると、注目をすべきなのはホルモンバランスと遺伝子の2つです。まず、AGAは男性ホルモンが脱毛原因物質に変化することで発症する症状だということがわかっています。普通、男性ホルモンは人間の体にとっても有益な物質であるため、バランスのある分泌量であるのならば問題はありません。しかし、あまりにも男性ホルモンの分泌量が多いときには、それが影響して脱毛症に発展する可能性があります。

例えば、生まれたときから全身の体毛が濃くて太いような人は、男性ホルモンの分泌量が多いことがわかります。問題なのは、こうして男性ホルモンから生じたAGAを治療するためには、ホルモンの働きそのものを抑えなくてはいけなくなることです。このためには、クリニックで処方されているような専門薬を手に入れなくてはいけません。

また、遺伝子の観点からも薄毛を説明することが可能です。そもそも、人間の遺伝子にはその影響が子どもに対して良い影響を与えるか、悪い影響を与えるかを問わずに優先的に継承されてしまうものが存在します。これを、優性遺伝といいます。実は、薄毛に関連する遺伝子もこれによって子どもに継承されることがわかっています。

父方からの影響が強い傾向があるのも、優先的に継承される因子が存在するからに他なりません。厄介なのは、こうして継承された情報というのは子どもに対していつ現れるのかが全くわからない点です。

確かにAGAは脱毛症として認知されている症状ですが、この症状が発症する時期については患者によってかなり違います。患者の中には比較的若い段階からAGAになる人もいますし、こういった因子を体に持っているにもかかわらずなかなか脱毛症を発症させない人もいます。こういった時期的な違いは遺伝子を有していてもわからないため、治療が遅くなってしまう要因にも繋がっています。

こうした背景があるため、少しでも怪しいと感じられる症状があるのならばすぐにクリニックに相談することが大切です。

薄毛改善には生活環境を整える

薄毛の遺伝子を体内に持っていたとしても、それによって必ず脱毛症などが発症するわけではありません。患者によって大きく個人差が存在し、その差は日常生活から与えられる疲れやストレスと関連性があると考えられています。そのため、生活環境をきちんと整えておけば、AGAの遺伝子を有していたとしても脱毛症を先延ばしすることができるようになります。

ただ、生活環境が悪いとはいってもその環境は人によってそれぞれです。どういった生活で頭皮にダメージが溜まるかはその人にしかわからないため、同じような考えで対策をしても失敗する可能性が高くなります。ですから、誰にでも当てはまる生活環境に考えて対策を実施していかなくてはいけません。

具体的には、睡眠時間の確保は誰に対しても当てはまる対策の基本といえます。人間の体は、睡眠時間中に様々な器官のダメージを回復させているという特徴があります。これは、頭皮や毛髪も例外ではありません。睡眠時間を減らすと、医学的にも疲れやストレスに繋がりやすくなることがわかっていますし、何よりも自律神経がおかしくなってしまう可能性があることが指摘されています。

自律神経は、人間が生活を進めていく上で大切なバランスを確保するために重要なものです。自律神経が崩れてしまうと、ホルモン分泌のバランスが崩れてしまったり、新陳代謝が悪くなってしまったりして体によくありません。当然、これらは頭皮に対しても大きな影響を与えます。特に、AGAは男性ホルモンが大きな原因となっていますので、このバランスが崩れてしまうと脱毛症を発症する可能性が高くなります。

また、代謝機能が低下すると頭皮へ十分な栄養分を行き届けることができなくなる可能性もでてきます。毛髪は、成長するためのエネルギーを血液からもらっています。市販の育毛剤や発毛剤には、血流を良くするための栄養分が多分に含まれていますが、こういった対策が行われているのも血液の流れが頭皮にとって非常に重要になるからに他なりません。

睡眠時間を十分に確保すると、こういった身体的な機能やヘアサイクルを自然と改善することができるようになります。平均すると、約7時間から8時間は睡眠時間を確保することが大切であると考えられていますので、それを基準にしっかりと寝ることが重要です。

髪の毛に良い食生活にする

乱れた食習慣は、頭皮や毛髪に直接的に影響を与えます。特に、食習慣を考えるときには毛髪がたんぱく質を主成分として構成されているということを知っておかなくてはいけません。たんぱく質を積極的にとり入れることは、それだけで良質な育毛や発毛に繋がる可能性があります。

実際に、食習慣は偏ったものになってしまうとそれだけでヘアサイクルにも影響を与えてしまいます。ただ、栄養はバランスよくとることが重要になりますので、たんぱく質を摂取しようと考えているときも他の栄養分と一緒にとり入れることがベストです。具体的な栄養分としては、亜鉛とたんぱく質の相性が非常に良いと考えられています。

これは、必須ミネラルに毛母細胞の活性化を促進する効果が存在するからに他なりません。たんぱく質は毛髪を形成する栄養分に違いありませんが、直接的に細胞に働きかける力が存在するわけではありません。こういった力を発揮するのは、必須ミネラルである亜鉛です。

しかも、亜鉛は現代社会では最も不足している成分の1つであるとも考えられています。これは、日本の土壌の性質上で土地から必須ミネラルをとることが難しいという性質があるからです。積極的にとり入れようと考える場合には、サプリメントや海の幸に頼らなくてはいけません。

問題なのは、サプリメントで亜鉛不足を解消したとしても過剰摂取をしてしまうと逆に薄毛の原因に繋がってしまう恐れがあることです。これは、亜鉛が男性ホルモンの働きを活発化させる効果が存在するからです。細胞を活性化させる良い栄養分ですが、それと同時のAGAを促進させてしまう男性ホルモンの働きを強め、薄毛を進行させてしまうという二面性が存在します。ですから、本来ならば食生活の中からバランスよくとっていくことが非常に大切であると判断されています。

もちろん、食生活に気を付けて足りない部分だけをサプリメントなどで補完することは非常に有効な手段です。しかし、こういった方法を実践するときには必ず過剰摂取に注意をしておく必要があります。特に、必須ミネラルは短期間で身体的にも悪い影響が出やすいものであるため、とりすぎると吐き気や頭痛などといった症状が出ることもあります。理想は、薄毛の予防対策として亜鉛やたんぱく質が含まれたものを適度にとることだということを忘れないことです。